慶良間 座間味島の歴史

座間味島に人が住み始めたのは、縄文時代前期からといわれ、 古座間味貝塚から出土し

た、住居形態や数々の土器、貝製品、石器等がそれを証明しています。 琉球王国時代には、

中国との進貢貿易の唐船航海路上の避難港として、風待ちの港として、阿佐地区の阿護の浦

は、重要な役割を果たしてきました。 いまでも残る阿護の浦北には、唐船グムイと呼ばれる唐

船が繋留した深みがあります。 また、座間味の人は海事に優れ、多くの人が船乗りとして活躍

したそうです。 その後、明治後半からは、 鰹業が盛んになり「ケラマ鰹節」は、 県内外にも名

を馳せ、村は繁栄しました。昭和初期、遠く南洋群島へ出稼ぎに行く人が増え出します。 大正

から戦前までは、鉱山の島として、 銅鉱の採掘が現在無人島の屋嘉比島、 久場島で盛んに

なり、 生産量は、県の99パ-セントを占めるまでにもなりました、 本土からの出稼ぎの人が多

く数百人の人が住んでいたと聞きました。 その後第二次世界大戦勃発。 昭和20年3月26日

「米軍初の上陸第一歩之地」として、この美しい海が水陸両用戦車で埋め尽くされました。空

には戦闘機が飛び交い、家や山々は燃え、 逃げ惑う人々、息を呑み震え隠れる人々、座間味

部落の中だけでも、150人近い住民が尊い命を失ったのです。 平和の尊さを、この島の人々

は、静かに訴えています。語るには余りにも悲しすぎる出来事を、皆多くを語る事はありませ

ん。 その他にも毎年6月23日「沖縄県の慰霊の日」に,座間味の子供たちへ、自らの体験や

聞いた話を、 小本にして贈って下さいる方もいらっしゃいます。 今は、観光地として、美しい

海、ダイビングの島としてある座間味島に、こんな歴史がある事を知ってもらいたいものです。