保全活動。

今週はまたまた梅雨の中休みに入り、良い天気が続いています。

 保全活動。
梅雨中休み

気温は20度後半、風は涼しい北風が吹いているのですごしやすいです。

天気も良かったのと、急ぎの仕事がなかったので25日~27日の3日間は保全活動に行ってきました。

保全活動とは、座間味ダイビング協会で行っているサンゴの外敵の駆除です。
以前は「オニヒトデ」と言うヒトデ、現在は「レイシガイ」と呼ばれる貝が多くなっています。

 保全活動。
船の上の貝

初日は「宇論の崎」の浅場です。
大潮に入り始めているので、潮がひいています…。
浅場の水深は1mないぐらい…。
船で待機しているスタッフが見てるには、シュノーケルの様にフィンが見えていたようです…。

 保全活動。
浅場のサンゴ

このお腹がすりそうな浅い中、ピンセットでサンゴの間にいる貝を取り除きます。
ちなみに、大きい物で約3cm、小さな物だと5mmぐらいと小さな物です。

この日はダイバー2名で約120個取ることができました。

2日目は「平瀬」です。
NO-Yではたまに行くポイントです。
ここは場所によっては潮が流れており、潮の当たる所にはカスミチョウチョウウオが群れてキレイでした。

この日はダイバー3名で約180個です。

3日目は「ブツブツサンゴ」です。
ここも浅場のサンゴがキレイです。
しかし、今日はゲストがいないので、普段行かないさらに浅場に行ってみました。
予想通りサンゴが多く、キレイです。
何よりも天気が良く、お日様が顔を出しているのが一番です。

この日はダイバー3名で…。
確認するのを忘れました…。

さぁ~明後日からはファンダイビングです。
この天気がゲストの時も続いてくれることを願います…。

ちなみに、現在5mmシーガルで潜ってます。
潜水時間は45~50分、但し水深は浅めです。
それほど寒くはないです。