偉大な太陽

昨日から久しぶりのダイバーさんが入ってきています。

昨日は高速船で到着後に1本、お昼を食べてから1本の計2本、今日は午前中に1本、お昼からはホエールウォッチングの予定です。

昨日の天候は雨、日中の最高気温は18度…。
今日の天候は晴れ、日中の最高気温は23度…。

昨日の服装は、長ズボン・シャツ・フリース・靴下。
今日の服装は、長ズボン・Tシャツ…。

ダイビングの帰りの船のゲストの格好
昨日、5mmウェット+ボートコート(感想は今までで一番寒い…)
今日、5mmウェット(感想は暖か~い!!!)

全ては太陽様のおかげです。
(でも、島的には雨が降らないとまずいんですけどね…)

ここからは、ダイビングのログです。

昨日の一本目は、「佐久原漁礁」です。
NO-Yリピーターのゲストとマンツーマンなので、30mの漁礁まで下りてみました。
中層を泳ぎながら進んでいくと、漁礁の上に大き目のアジ系の魚のシルエットが見えますが、残念ながらはっきりと見えず…。
それ以外には大物はなし…。
しかし、漁礁のブロックにオオモンカエルアンコウを発見!!!!
以前、一度だけ見られた場所を確認すると、2周りほど小さな個体がついています。
色も一緒で縮んでしまったのかと思うほどです…。
後半は大きな隠れ根沿いにゆっくりと浮上、28mの辺りではハナゴンベもたくさん見られます。
根のトップではグルクンいっぱい、ウミウシ探しは不発…。
やっぱり、まだ目がマクロ用のスイッチが入ってないですね…。

二本目は、「浜中キンメの根」です。
ゲストは自由に撮影会、自分はフラフラとネタ探し。
最初に見つけたのは小さなセンテンイロウミウシ、次に見つけたのは白ベースのジョーフィッシュ、巣穴のサイズは鉛筆ほどのちょ~小さな可愛い個体でした。

 偉大な太陽

 

お花畑

暖かい今日の一本は、「お花畑~嘉比前」のジェットコースタードリフトです。
前半はがんがんの流れの中を流されお花畑を目指します。
20m辺りから徐々にウミトサカが増え、30m辺りになると辺り一面にウミトサカが咲き、他の場所では見られないお花畑を見る事ができます。
後半は海底砂漠で白い砂地を楽しみ、嘉比前でヒレナガネジリンボウの撮影をして終了です。
潜水時間40分…NO-Yではほとんどありえない時間ですね…。

 偉大な太陽

 

海底砂漠でウミウシ撮影中…

そして、天気が良かったのはお昼まで…。
クジラの出港頃には、太陽はお休みに…。
挙句の果てには、小雨に降られるしまつでした…。う~ん次に期待!!!