6月30日 ダイビングログ

今日も夏日快晴な一日です。
ゲストのダイバーも計7名と徐々に増えてきています。

●気温:32度   ●風:南   ●海況:やや波あり   ●水温:27~28度   
◇ポイント名:アダン下   ◇天気:晴れ   ◇透明度:25m

一本目はアダン下です。
今日が初日のゲストもいるので出来るだけゆ~っくりなダイビングをしてみました。
メインの根に向かう途中には、穴から顔だけ出しているヒトスジギンポや、岩影に隠れるタテジマキンチャクダイの子供等を紹介しながら向かいます。
メインの根では、今日もハダカハオコゼが3匹で追いかけっこをしています。
やはり、魚達は恋のシーズンでしょうか…?
その後は、カクレクマノミ・キンギョハナダイ・デバスズメダイを順番に回り終了です。

◇ポイント名:ウフタマ   ◇天気:晴れ   ◇透明度:25m

二本目は白い砂地の浅場で遊びます。
ゆっくりと砂地を進み、デバスズメダイの群れ、ガーデンイールを見て最後にスカシテンジクダイの根に行きます。
スカシの根には、少し前から中型のオニダルマオコゼが住んでいます。
砂の中に潜っていたり…。
根の奥に隠れていたり…。(今日はこっち)
取り合えず隠れていると面白くないので、一度は姿を披露して頂きます。
その後は、船の下に戻りフリータイム~で終了です。

◇ポイント名:ブツブツサンゴ   ◇天気:晴れ   ◇透明度:25m

最後はブツブツサンゴのサンゴに癒されます。
前半はガレ場を移動、途中でルージュミノウミウシ・ムラサキウミコチョウ・シライトウミウシなど等のウミウシ類、まだまだたくさんのウミウシがここなら見られます。
メインのコモンシコロサンゴでは、ハナゴイ・各種スズメダイの群れを楽しみます。
水はあまり良くなかったのですが、魚影の濃さは良い感じでした。

梅雨が明けて天気は良いのですが、透明度・海況はもう一息ですね…。
でも、日差しは痛く夏を感じます。