ライセンス取得ダイビング

3日間の講習でBSAC オーシャンダイバーのCカード(認定証)を取得することが可能です。

Cカード

ダイビングをするうえで必要となるのがCカードです。
Cカードはライセンス(免許)と誤解されやすいのですが、Cカードの「C」は英語の「Certification」の頭文字で、日本語に訳すと「認定証」となります。
このCカードはダイビングに必要な知識や技術を身に付けた証明として各指導団体から発行されるもので、講習の内容は、指導団体が異なってもほぼ同じです。
Cカードを取得すると、ダイバーの仲間入りとされ、世界中の様々な海で潜ることが可能となります。

指導団体

指導団体は、ダイビングをするうえで必要な知識や技術を開発し、インストラクターを通じて普及する団体のことです。
数多くの指導団体があり、団体によりカリキュラムやカラーは様々ですが、ダイビングを行ううえで大差はありません。
NO-Yでの講習は指導団体BSACによるものとなり、オーシャンダイバー(他団体のOpen water diver)を取得することができます。
BSACはヨーロッパを拠点とする、世界的な指導団体ですので、発行されるCカードは国内はもちろん、海外でも通用しますので心配ありません。

bsac1 ライセンス取得

講習内容

学科講習

所要日数:半日~1日

ダイビングを安全に楽しむために必要な基本的な知識やルールを学びます。
器材の扱い方、海中環境や生物の話、水中で人体の受ける影響などについてビデオや教材を使いながら行います。
講習の最後には理解度を確認するための学科テストを行います。

海洋実習

所要日数:2日
ひと通りの理論を学んだ後、今度は実践です。器材の使用方法から、万が一のトラブル対処法まで、安全かつ快適にダイビングを楽しむために必要な技術を身に付けます。

波や流れのない穏やかなビーチの最初は足のつく浅場で、慣れてくるに従い徐々に深い所へと移動し練習するので心配はいりません。
また、講習生のペースに合わせ行いますので、自分で納得がいくまで十分に練習することが可能です。
基本的には1日2DIVEを2日間の計4DIVE行います。

講習の日程

1日目

9:30~18:00 学科講習1、所要時間:3時間、途中休憩あり

2日目

08:00 朝食
09:30 海洋実習1、DIVE1、所要時間:2~3時間
12:00 昼食休憩。昼食は各自でお願いします。(ショップの近くに食事処があります)
13:30 海洋実習2、DIVE2、所要時間:2~3時間。
18:00 夕食
20:00 学科講習2、所要時間:1時間
21:00 ロギング(ダイビングの記録付け)
22:00 終了

3日目

08:00 朝食
09:30 海洋実習3、DIVE3、所要時間:2~3時間
12:00 昼食休憩。昼食は各自でお願いします。(ショップの近くに食事処があります)
13:30 海洋実習4、DIVE4、所要時間:2~3時間。
16:00 学科テスト。所要時間:1時間
18:00 夕食
20:00 Cカード発行手続き
21:00 ロギング(ダイビングの記録付け)
22:00 終了

※上記は基本的な日程です。
※飛行機搭乗日の実技講習は行えないため、最低3泊4日の期間が必要となります。
※座間味入りの船が午後の便でも、その日から学科講習を行い、2日半で取得することも可能です。
※日程に余裕があれば、講習終了後にファンダイビングをする事も可能です。
※教材は現地にてお渡しします。

☆★☆詳細についてはお問い合わせ下さい☆★☆

必要なもの

健康な身体(中学生以上)
風邪気味の方、飲酒されている方はお断りします。
水着
ウエットスーツを着用しますので、どのようなタイプでも結構です。
タオル
終了後ショップにてシャワーを浴びることが出来ます。

料金

料金表のページをご覧ください。